形見分けなど、着物の処分でおすすめの方法は?

形見分けなど、着物の処分も量がまとまると、総額で結構な値がつくこともありえます。
これは確定申告が必要?と思うかもしれません。
お着物は衣類なので、生活必需品に分類され有償で譲渡しても課税されませんが、美術工芸品とみなされる場合は課税されることもあり、ケースによって違うと考えましょう。
いい値で売れて嬉しいけど心配なときは、大事なお着物のことで不愉快な思いをしないためにも、申告時期の前に、直接税務署に相談した方がいいと思います。
宅配で着物を買取業者に送り、査定から買取まで行うのも当たり前になっていますが、注意することが一つあります。
着物や反物の購入時についてくる反物の切れ端をとってありますか?保証書は残っていますか?家電、パソコン、ゲーム機などの買取でも同じですよ! 品質を示すためにこうしたものがあるわけで、ブランド品ということであればなおさら、あるかないかで査定結果が明らかに違ってきます。
残っている限りのものを着物に添えて送ることが、有利な買取には欠かせません。
買取のとき、お着物と一緒に持って行き、証紙を一緒に提出することをすすめます。
ここでいう証紙とは、そもそもの織り元や織物工業組合などから一定の基準を満たした製品であることを公に証明している登録商標だと考えてください。
証紙は捨てられたり探しても見当たらないという方もいるようですが、あれば高値がつくのではなく、ないと価値が下がって損をすると考えて、なんとか探し出してください。

http://www.kaitori-matome.com/