過払い金があったりしませんか?

最近「過払い金」という言葉を耳にしませんか?これは私たち消費者が「金融業者に払い過ぎたお金」の事を指します。
実は日本では利息制限法という法律で「総額10万円から100万円未満のキャッシングで18%以上の金利を取ってはならない」という決まりがあるわけです。
ですが消費者金融の多くはこの法律ができる前まで野放し状態だったため、高金利で消費者からお金を余分に取っていた現状があるわけです。
そのため評判の良いレイクや口コミの良いその他の金融業者を使っていた人でも、過去には知らずの内に余分なお金を取られていた可能性があるわけです。
そうした過払い金は申請する事で取り戻せるため、過去に長い支払いを行っていた人は、まずは「過払いチェッカー」で過払い金の有無を確認してみると良いでしょう。
そして過払い金があった場合、ネット上の無料相談などを上手く利用して、今後どのように過払い請求をすれば良いのか聞いてみると良いでしょう。
過払い金の返還は10年までと時効が決まっています。
その10年を経過しないようにも、思い立った時に行動するのがベストです。
ほのぼのレイク審査厳しい?レイク審査申し込み窓口