住宅ローン審査で年収と勤続年数は問題になる?

住宅ローンを組むためには、年収がいくら以上という基準を設けている金融機関が多いのですが、その他の基準としては勤続年数についてが挙げられます。
平均してみると大体勤続3年以上であると申し込みが可能となっているところが多いようです。
この基準は金融機関ごとに異なりますので、もし3年に満たないからといって申し込みが出来ないわけではありません。
たとえば、新生銀行ですと2年以上、イオン銀行ですと6ヶ月以上、住信SBIネット銀行やソニー銀行ですと勤続年数の条件はありません。
また、勤続が3年以上という条件を掲げているところであっても、勤務先が大手企業で信用できるという判断がなされますと、審査に通過することもあります。
新生銀行住宅ローン審査甘い?人気の借り換え!【デメリットは?】