ウィッグ購入時に気を付けることは?取り付け方にも注意?

頭部にウィッグを固定させる方法があります。
この方法は、商品によっていくつかに分かれると言うことです。
あと両面テープによる着用方法になりますね。
また、その中には、専用の接着剤、地毛への編み込みなどで固定することもあります。
これらの取り付け法については、当然、それぞれに注意点がありますよ。
<実際にウィッグを購入する場合>どんな方法で頭部に固定するのか!?それぞれの取り付け法に適した状態、特徴をよく把握してくださいね。
その上で購入しないとダメですよ。
せっかく購入しても使えなかったりだとか、不便を感じたりする事になりますからね。
<ピンで固定するタイプについて>ピンで留められるだけの地毛が残っている事が条件です。
<両面テープの場合>地毛が殆ど残っていない人向けの取り付け方法になります。
固定力が強くて、よく使用されている方法です。
しかし、粘着力が強いと取り外しの時に頭皮を傷める可能性があります。
そのように心掛けることが大切です。
地毛が少ない人向けの取り付け方法になります。
両面テープ以上に固定力を発揮する一方で、頭皮への影響もそれ以上となります。
ですから、ハイリスクハイリターンの取り付け法と言えますね。
<編み込み型について>ファッション用ウィッグ、トップピース、ヘアピース、エクステなどに使用される取り付け方法になります。
地毛に編み込んで固定します。
ですから、ピンタイプ同じですね。
地毛が残っていることが絶対条件となります。
また、地毛にある程度の長さが必要です。
その上で、取り外しがしにくいと言う難点もあります。
(汗)