クレジットカードとキャッシングの違いは?

クレジットカードとキャッシングについてです。
大人であれば1枚は持っていると言われているのがクレジットカード。
最近では、18歳以上を対象にした学生用のカードもあり、多くの人がカード決済を行っています。
クレジットカードは、キャッシングとして使えるキャッシング枠が決まっていることが多いといいます。
多くの場合、現金を用いずに買い物をしたいという時にクレジットカードを使います。
元来、クレジットカードの発行に際しては審査によって返済能力を図ってから、手続きをしています。
クレジットカードのキャッシングの利用枠はカード発行時の審査結果で取り決められています。
クレジットカードの申し込みの際にはキャッシングに対しても自分の希望限度額を設定することができます。
多くの場合、キャッシングの枠に合わせてクレジットカードのショッピング枠も決定されるようです。
キャッシング機能を使わないことを前提にしてクレジットカードを作ることも可能です。
特に学生カードの場合は、不要なキャッシングを防ぐためにも0円で設定しておくこともよくあるケースです。